今すぐお金を借りたい場合の方法は?

どうしても今すぐお金を借りたい場合どうすればよいでしょうか?

「お金を借りたい」ということは当然、お金を返さなければいけませんので、今すぐお金を借りることだけでなく、お金を借りた後のことも考えて行動しなければいけません。

金融機関などを利用する前に「問題無く返済できるのか」を事前に計画を立てることが必要なのは言うまでもありません。
どうしても今すぐお金を借りたい場合に最も適しているのはカードローンです。

気軽に利用できる面倒な手続きも少ないので、申し込んだその日に今すぐ即日で融資を受けることが可能です。
しかしカードローンならどこでもその日に今すぐお金を借りれるわけではありません。

いい加減に金融業者を決めて審査申込みしてしまうと、今すぐお金を借りれなくなってしまう可能性もあります。

そこで今回はどうしても今すぐお金を借りたい場合の「具体的な借りる方法」と「どうしても注意したい点」について解説していきます。

 

総合ランキング


 

安心して今すぐお金を借りたいのなら大手金融!

安心して今すぐお金を借りたいのなら大手金融

「今すぐお金を借りたいので、もしお金を借りれるならならどこでも良い」という方は多いのではないでしょうか?

ですが、本心としては「安心して安全に利用できる金融機関で今すぐお金を借りたい」と思う人がほとんどでしょう。

安心して今すぐお金を借りたいのであれば、大手消費者金融のカードローンがオススメです。

消費者金融と聞くとマイナスなイメージを持たれる方も多いのですが、大手は銀行グループの傘下に入っていますので安心です。
ただ、どうしても大手消費者金融は金利が高めですので、銀行に比べると利息負担は大きくなります。

しかしその分、今すぐ即日でのスピード対応を売りとしていることもあり、申し込みからお金の借入までが非常に早いです。

大手ならどの金融業者も即日融資に対応していますので、今すぐお金を借りたい場合、すぐ即日お金を借りることもそう難しいことではありません。

最短1時間で融資までこぎつけることも可能ですので、とにかく急ぎで「どうしてもお金を借りたい」という方は大手消費者金融を利用する事を強くオススメします。

 

総合ランキング


 

即日で今すぐにお金を借りたい!気を付ける点は?

今すぐにお金を借りたい場合に気を付ける点

カードローンで即日に今すぐお金を借りたい場合、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

まず各金融機関の営業日に注意しなければいけません。

金融機関は基本的に平日が営業日で、どうしても土日祝日は休業日となります。

ネットからの申し込みは24時間受け付けているため、何時申込んでも今すぐ即日融資が受けられると思っている方も多いですが、審査や手続きは営業日にしか行ないません。

土日休みの金融機関に申し込みしたとしても審査は休み明けとなりますので、結果として今すぐお金を借りたいとしても、その日に即日お金を借りることは出来ません。
また、平日も即日融資可能な時間が決まっています。

基本的に即日融資は振り込みとなりますので、振込先の銀行口座の営業時間内に振込手続きを完了させなければいけません。

15時過ぎてしまうと翌日以降の扱いになりますので、もし即日お金を借りたいのなら申込時間には十分注意しましょう。

ちなみに、借りたいお金の金額が多少高額になると「収入証明書」を審査時に提出しなければなりません。

この収入証明書は、当日急に用意できるものではありませんので、よく確認したうえで審査申し込みをするようにしましょう。

詳しくはココ⇒収入証明不要でお金を借りたい!必要な場合の条件は?

 

金融業者によって締切時間は違う!

金融業者によって締切時間は違う

即日で今すぐお金を借りるための条件は各金融機関で異なります。

何時までに申込みすれば即日でお金を借りる事ができるのか、それを達成するための条件は必ず各金融ごとに確認しましょう。

特に申し込み締め切り時間は金融機関で違いますので、うっかり勘違いしてしまうと、今すぐお金を借りたい場合で即日にお金を借りれません。

午後2時までOKなところもあれば、午前9時で閉めきってしまうところもありますので、申し込み締め切り時間は必ず確認しておきたいところです。

 

総合ランキング


 

銀行と消費者金融!今すぐお金を借りたいならどっち?

銀行と消費者金融!今すぐ借りたいなら?

即日融資は大手消費者金融でしか対応していないと思いがちですが、実は銀行カードローンでも「今すぐ融資」に対応しているところがあります。

以前に比べ、今すぐお金を借りれる銀行も多くなりましたので、今すぐお金を借りたい消費者にとっては嬉しい限りですね。

ただし銀行カードローンに申し込みする際は、「本当に即日お金を借りることがが可能なのか?」をよく確認する必要があります。
というのも銀行の場合、「即日融資」が可能なところと「即日審査が可能」なところがあるからです。

「即日」と書かれていると「その日に今すぐお金が借りれる」ように思ってしまいますが。どちらも今すぐお金を借りれるわけではないのです。

即日融資は問題ありませんが、「即日審査」は審査が当日中に可能であり、今すぐお金を借りたいとしても、実際に現金を受け取れるのは翌日以降という場合もあります。

銀行のカードローンでは「即日審査OK」というところは少なからずありますので、十分に注意しなければいけません。
また、今すぐ融資可能な銀行でも、実際にお金を借りれるのは「今すぐその日に借りれる」というわけではないケースが非常に多いです。

銀行の場合はあくまでも「可能な場合は即日で融資します」と言うスタンスですので、どうしてもお金を借りたい場合でも今すぐ借りれる可能性は低いです。

さらに銀行カードローンは審査基準が厳しいため、審査に時間を要してしまい、結局、「今すぐお金を借りたいのに間に合わなかった」…なんてことは珍しくありません。

 

総合ランキング


 

今すぐ借りたいなら大手消費者金融!土日もOK!

大手消費者金融の自動契約機は土日もOK

今すぐどうしてもお金を借りたいのであれば、銀行ではなく始めから大手消費者金融を選んだほうが良いでしょう。

また、銀行は平日15時以降や土日祝日は対応できませんので、その条件外であれば今すぐお金を借りたい場合はかなり厳しくなります。

仕事をしている方にとって「平日15時までにすべての手続を完了させる」のはかなりハードルが高いといえます。
しかし大手消費者金融なら「自動契約機」を使えば15時以降や土日祝日でも今すぐお金を借りることが可能です。

詳細はココ⇒土日にお金を借りたいときはどうすればいい?

 

銀行カードローンは金利が低いですし「高額なお金を借りたい場合」にも適していますが、融資スピードは大手消費者金融に比べ、どうしても劣ります。

低金利お金を借りたいのであれば銀行が良いですが、今すぐお金を借りたいなど緊急を要するような場合は大手消費者金融が適しています。

 

総合ランキング


 

銀行カードローンは安心感があるが今すぐ借りるのは難しい!

銀行カードローンは今すぐ借りれない

銀行カードローンが他の金融機関と比べ何よりも優れているのは、やはり「安心感」ではないでしょうか?

今すぐお金を借りたいなら「安心できる所」が良いと思っている方はかなり多いかと思います。

「借金」と聞くとどうしてもネガティブなイメージが強いですから、不安なくお金を借りたいところですよね。
そう考えるとやはり銀行でお金を借りるのが一番安心できるのではないでしょうか?

その他、銀行のカードローンは消費者金融などに比べ低金利に設定されているため、お得にお金を借りることも可能です。

 

しかし、銀行は安心感がありますが、上記でも述べたように「即日融資」に対応していないところが多く、その日に今すぐお金を借りれない場合が多いです。

また、今すぐお金を借りたいのに「審査条件」が厳しく、結局のところ、どうしても当日キャッシングは間に合わないことが殆どです。

銀行では自動契約機を置いているところもありますが、それもごく一部ですし、設置数も非常に少ないです。

ですから実際に銀行のカードローンで今すぐお金を借りれる方はかなり限られてきます。

また、自動契約機がなければ土日祝日の利用も出来ませんので、即日融資を目的としている場合には銀行は向いてないといえます。

 

総合ランキング


 

中小消費者金融で即日借りたいなら来店契約が必須

今すぐお金を借りたいのなら「大手消費者金融」と述べましたが、消費者金融には中堅・中小のサラ金業者も数多く存在します。

中小の消費者金融であれば、大手に比べ比較的審査通過の条件は甘めといえるでしょう。

ですが「今すぐお金を借りたい」という場合、実際にその中小金融の店舗まで足を運び、契約をしなければ即日でお金を借りることはできない場合が多いです。

もちろん、自動契約機などもないため「土日・祝日」や「夜遅くの申込み」はできません。

 

大手消費者金融であれば、早い時間から申し込めばネット申込だけで即日お金を借りることができるので、「どうしても家に居ながら今すぐお金を借りたい」という人には向いているといえるでしょう。

また、中小の消費者金融は安全面や安心面で多少不安な部分もあります。

ですので、安心して今すぐお金を借りたいのであれば、大手消費者金融を選ぶのが得策かと思います。

 

総合ランキング


 

低金利でお金を借りたいなら銀行と消費者金融どっち?

「できれば低金利で今すぐお金を借りたい」という人も中にはいることでしょう。

その場合、銀行と消費者金融ではどちらのカードローンを選べば低金利なのでしょうか?

これに関しては上記でも散々述べてきましたが、「銀行のカードローン」のほうが低金利でお金を借りることができます。

ですが、銀行のカードローンというのは審査基準は比較的厳しく、今すぐお金を借りたい場合でも審査に通らないということもあるのです。

ここでおすすめなのが「大手消費者金融の無利息サービスを使う」という方法です。

 

大手の有名な消費者金融であれば、初回契約からの約1か月ほどの期間であれば「無利息の金利ゼロ」で今すぐお金を借りれるところがいくつかあるのです。

この無利息サービスをうまく使えば、低金利どころか金利なしで今すぐお金を借りることも可能なのです。

ただし、この無利息サービスを利用するには、各消費者金融ごとに条件があり、「メールアドレスを登録する」などのちょっと面倒な作業があるので注意しましょう。

しかし、うまく利用すれば利息を払わないで済むので、低金利で今すぐお金を借りたいという人はぜひ試してみてくださいね。

このページも参考に⇒無利子でお金を借りる方法はあるの?

 

主婦や学生でもお金を借りたい!審査は通る?

主婦や学生でもお金を借りたい!審査は通る?

今の大学生はサークルの活動でお金をたくさん使うこともあり、金欠の学生が多いといわれています。

また、主婦の方でも子供の教育費や生活費などでお金を借りたいという人は多いでしょう。

では、そんな学生や主婦でもカードローンで今すぐお金を借りたいという場合、可能なのでしょうか?

結論から言いますと、主婦や学生がお金を借りたい場合、カードローンで今すぐお金を借りることは可能です。

ただし本人に安定収入が必要条件となりますので、主婦や学生でも働いていないことにはお金を借りることは出来ません。

アルバイトでも特に問題ありませんが、カードローンでお金を借りたいのであれば「収入を定期的に得ていること」「金額にバラつきがなく一定額であること」の2つの要件を満たしている必要があります。

パートをしている主婦が今すぐお金を借りたい場合も、安定収入があるのでもちろんカードローン利用は可能です。

 

総合ランキング


 

専業主婦はお金を借りたいとしても難しい?

専業主婦はお金を借りたいとしても難しい

ですが、専業主婦の方ですと借入先はかなり限られてきます。

専業主婦の場合、基本的には配偶者に安定収入がないと、どうしてもお金を借りれません。

これは配偶者貸付と呼ばれるもので、旦那さんが収入があれば専業主婦でもカードローンで今すぐお金を借りることは可能なのです。

ですが、イメージ的には旦那さんの収入を担保にしてお金を借りる感じですので、夫に内緒で今すぐお金を借りたいというのはまず難しいといえるでしょう。

ですので、旦那にばれないようにお金を借りたいのであれば、パートやアルバイトをしていなければ、今すぐお金を借りることはできません。

ちなみに、今のところ専業主婦でも利用可能なカードローンは数えるほどしかありません。

そのため、働いていない専業主婦は今すぐお金を借りたいとしても、現実問題、中々厳しいものといえます。
ちなみに、仮に専業主婦でもお金を借りれた場合、借りれる限度額はそこまで高いわけではありません。

せいぜい10~20万円程度と考えておいたほうが良いでしょう。

限度額についてはこのページを参考に⇒キャッシング限度額はどうやって決まるの?

 

お金を借りたい母子家庭でも審査に通る?

では、母子家庭のお母さんはカードローンで今すぐお金を借りることはできるのでしょうか?

これに関しては、ちゃんと働いていて安定収入があれば、母子家庭でも問題なく今すぐお金を借りることは可能です。

「母子家庭だから借りれない」ということは一切ありませんんでおご安心を。

ただし、当たり前ですが働いていないのであれば、今すぐお金を借りたいとしても不可能です。

主婦がお金を借りるための詳細はココを参考に⇒主婦でもお金を借りたい!パートしてない専業主婦はムリ?

 

18~19歳の未成年の学生だとお金を借りたくてもNG

大学生や短大生のような学生さんだとしても、アルバイトをしていて安定収入があればカードローンでお金を借りることは十分に可能です。

では、18歳や19歳の未成年者の学生が今すぐお金を借りたいという場合、借りることはできるのでしょうか?

結論から言うと、未成年の学生は金融業者からお金を貸してもらえることはほぼ100%ムリといえます。

仮にバイトをしていたり、社会人として働いていてもです。

法律上は未成年者にお金を貸付することは特に問題はありません。

 

しかし、仮にお金を貸して何かトラブルがあった場合、「未成年者は借りたお金を返さなくてもいい」といった特例があるのです。

こうなると、貸す側の金融業者はデメリットしかありません。

そのため、仮に働いている未成年者だとしてもお金を借りることはできないのです。

そもそも、多くの金融業者では「貸付対象者は満20歳以上」と記載されているため、18~19歳でhあ申込はできません。

学生さんは「満20歳以上でアルバイトなどで安定収入がある人」というのが今すぐお金を借りれる条件と覚えておきましょう。

ちなみに、「学生の申し込みはNG」という銀行カードローンは多いので、申し込みの際はよく確認することが大切です。

学生がお金を借りるための詳細はコチラ⇒学生でもお金を借りたい場合、今すぐ借りれるの?

 

お金を借りたいが審査が通らない!なぜ審査落ちする?

「カードローンで今すぐお金を借りたいが、審査に通るか不安」という人も多いことでしょう。

基本的には「働いていて安定収入があれば、審査上、お金を借りることはできる」という感じですが、それを満たしていても審査落ちする人は数多くいます。

では、一体なぜお金を借りたいが審査が通らないのか?

ココでは安定収入以外の「審査で重要視されるポイント」をご紹介していきましょう。

 

まず、「働いていて安定収入があれば」と述べましたが、「その職場でまだ1週間ぐらいしかたっていない」という場合は審査落ちする可能性は高いです。

なぜなら勤続年数が短いので、「これから先もその職場でちゃんと働いていけるのか?」という信頼や実績がないからです。

現在の勤め先の勤続年数は最低でも6か月、~1年ぐらいは欲しいところです。

これをクリアできていないと、お金を借りたいが審査が通らない場合が多いようですので注意しましょう。

ちなみに、このお金を借りるための審査というのは無しにすることは決してできません。

それは消費者金融だろうが銀行だろうが変わりはありませんのでご注意を。

詳しくはココを参考に⇒カードローンで審査なしでいける金融業者はない?

 

ブラックリストや無職だとどうしても審査に通らない!

金融事故情報があるとなぜは審査落ちする?

続いて、「過去に金融事故がいくつかある」という人も、お金を借りたくても審査落ちになる可能性は高いです。

金融事故というのは、「過去にお金を借りているときに、返済が遅れたことがある」「今現在、複数の借金がある多重債務者である」といったことです。

この「過去の悪い経歴」は審査ではマイナスになること必至で、審査通過は非常に厳しくなるのです。

多重債務の方が審査に落ちやすいのは、「返済できない可能性が高い」からです。

 

複数の借金があると絶対に審査に通らないというわけではありません。

ただ、複数の借金があるということはそれだけ返済負担が大きいわけです。

そのため、「そんな人にお金を貸してしまうと、返してもらえない可能性が非常に高い」と判断すされることが多く、審査に通るのが難しいのです。

「総量規制を気にせず、今すぐお金を借りたい」という場合でも銀行カードローンなら年収の3分の1を超える借り入れは可能ではあります。

 

ですが、これは個人が無理のない範囲で出来る借入基準でもありますので、銀行でも年収の3分の1を超える借入になる場合はかなり慎重に審査がされます。

他社借り入れ件数が3社以上ある場合は、今すぐお金を借りたい場合でも審査に通るのはほぼ無理だと思ったほうが良いでしょう。

また、「返済遅滞の非常に多い人物」と審査で判明すれば、確実に審査落ちするでしょう。

返済遅滞や多重債務者の人がここまで危険視されるのは「同じことを繰り返す可能性が高い」と判断されるからです。

 

カードローンの審査では、お金を借りたい申込者の「個人の信用情報」を必ずチェックします。

信用情報機関にて信用情報は管理されており、金融機関はここを通して個人の信用情報を閲覧することが出来るのです。

信用情報にはローンやクレジットの利用履歴が記録されており、「今現在いくらの借り入れがあるのか」「何社から借り入れているのか」「返済は期日通りにできているか」「債務整理を行なっていないか」など全て知ることが出来るのです。

返済を遅滞したり債務整理をするとその情報は信用情報に記録されます。

そしてこれを「事故情報」といいます。

俗にいう「ブラックリスト」と呼ばれるのはこの事故情報のことなのです。

 

金融事故を一度でも起こしている方は、お金を借りたいといっても「また同じことをする恐れ」があると金融機関は判断します。

ですから、ブラックリストや返済遅延の多い人、多重債務者などの「事故情報がある人」は、ほぼ間違いなくお金を借りれないと思ってよいでしょう。

 

無職やブラックだとどうしても審査に通らない!

このように、金融業者というのは、「返済できるかどうか?」を非常に審査で重要視します。

そのため、「収入のない無職や失業中」であれば、120%返済ができないので必ず審査で落とされます。

無職の人が審査に通らないのは、単純明快で「借りたお金を返せないから」です。

返済を前提としているわけですから、当然、借りた分は返さなければいけません。

更に言えば利息も付けて返すわけですから、当然それに見合った返済能力がないといけません。

どうしてもお金を借りたいからと言って、無職なのに「働いている」と嘘をついて申し込みをしても、審査では在籍確認がありますので必ずバレます。

在籍確認の詳細はこのページ

 

無職の方は借金することよりも、まずは職を見つけて自立することを先に考えることです。

このように、「無職」「多重債務」「返済延滞」「ブラックリスト入り」…このような人はまず審査には通らず、今すぐお金を借りたい場合でも無理といえるでしょう。

 

任意整理中・生活保護は当然お金を借りれない。

上記では金融事故があるとお金を借りれないと述べましたが、「生活保護」などの公的融資を受けている場合はどうなのでしょうか?

生活保護というのは国からの支援金ですので、当然「安定した収入」とは認められません。

そのため、お金を借りる審査に通るのは不可能となります。

生活保護を受けているときに金融業者からお金を借りようとした場合、発覚すれば「今までの生活保護の支給金」の返金を求められる場合もあります。

絶対にやめましょう。

 

法的措置である「任意整理」についても同じことが言えます。

任意整理中は弁護士・司法書士が「現在の借入先」と返済についての段取りをつけているため、他から借りようとしているのが発覚すれば、その話は破談になってしまいます。

その場合、弁護士・司法書士に愛想を尽かされ、現在の借入先から一括返済を求められることもあるので注意しましょう。

このように、任意整理中や生活保護を受けているのに今すぐお金を借りたいというのは不可能です。

 

どうしても借りたいからといって個人間融資の掲示板はダメ

どうしても借りたいからといって個人間融資は注意

金融機関ではお金を借りれない人が「どうしてもお金を借りたい」といって行き着く先が「個人間融資の掲示板」です。

近年利用者が増加しており、名前の通り「個人間で行なうお金の貸し借り」のことを言います。

銀行や消費者金融で借りるのとは違い、個人間融資の掲示板では面倒な手続きや厳しい審査も無いので手軽にやり取りが出来ます。

個人間融資は「金融機関でお金を借りたいのに借りれない人」が主に利用するようですが、この掲示板では危険な面もありオススメできません。
近年では「お金貸します詐欺」が非常に横行しており、実際に被害に遭っている方も多く、今すぐお金を借りたいのに逆に騙し取られる可能性も高いです。

そのため、どうしてもお金を借りたい場合でも個人間融資の掲示板は、できれば利用しないことがおすすめです。
具体的な個人間融資の仕組みは、インターネット上の掲示板に「今すぐお金を借りたい人」から書き込みがされ、それを見た融資希望者が「お金を借りたい人にメールなどで連絡」を取り、お金の貸し借りを行います。

貸付方法や返済方法は互いに相談した上で行なわれます。

個人間融資の掲示板では互いに自己責任のもとでお金を貸し借りし、審査は特にありません。
個人間融資の掲示板は「独自の基準で審査」を行なう方もいるようですが、それだとお金を借りたい人が中々見つからないので、審査をしない人のほうが多いようです。

「どうしても今すぐにお金を借りたいけど、まともな金融機関では借りれない」
「とにかくどこでもいいから今すぐお金を借りたい」
…と切羽詰っているような人が利用することが多い個人間融資の掲示板。
「個人間融資の掲示板内のお金を借りたい人」を狙った悪質な詐欺が非常に多いですから、何度も言いますが、個人間融資の掲示板は出来れば利用しないほうが無難です。

 

お金を借りたいけど借りれない!そんな時は身内に相談!

金融業者で今すぐお金を借りたいのに借りれないといった場合、どうすればいいのでしょうか?

この場合、上記で述べたとおり個人間融資などに手を出すのは危険です。

できれば、「身内」である両親・兄弟・親戚などに頭を下げお金を借りるのが良いでしょう。

または、信頼できる友人からお金を借りるのも1つの手です。

ただ、そう簡単には親も友人もお金を貸してくれないでしょう。

 

そこで重要なのが「今すぐお金を借りたい理由」です。

たとえば、「パチンコでお金を使い果たしたからお金が無い、だから今すぐお金おw借りたい」という理由であれば、ほぼ100%貸してもらえないかと思います。

このようなふざけた理由で今すぐお金を借りたいといわれても、貸してくれる人はいないでしょう。

できれば、「財布を落としてしまい、生活するお金が無いから今すぐお金を借りたい」などの言い訳をしたほうが、身内や友人から今すぐお金を借りれる可能性大といえます。

 

ただ、親・両親から今すぐお金を借りる場合、必ず借用書を書くようにしましょう。

そうすれば、何かあった時にトラブルが起きにくいといえます。

今すぐお金を借りたい理由は人それぞれかと思いますが、できるだけ正直に話すのが賢明ですよ。

 

総合ランキング